長い年月がかかる

住宅ローンを利用せずにマイホームを購入しようとしても、住宅が買えるほどの資金を用意するには、気が遠くなるほど長い年月がかかることでしょう。
多くの人々は、住宅ローンを利用することで夢のマイホーム取得がかないます。
頭金を貯めるだけでも、十分すぎるぐらい大変です。
しかし頭金さえ用意すれば夢をかなえることができる手段が、住宅ローンの利用です。
住宅ローンシュミレーションを利用することによって、税金の面で有利な扱いも受けることができます。
ローンを組むと、住民税や所得税から一定金額の控除を受けることができるのです。
一括で購入できるのにもかかわらず、この制度を利用するためわざわざローンを組む場合もあるほどの恩恵を受けることができます。
これは住宅借入金特別控除と呼ばれるもので、利用するには返済期間が10年以上であることが必要です。
この制度を利用しようと考えているならば、さまざまな制約にも注意しましょう。
このようなメリットが住宅ローンにはありますが、思わぬ落とし穴もあります。
住宅ローンのメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットもしっかり理解しておく必要があります。
一握りのごくわずかな人をのぞいては、住宅ローンを利用しないでマイホームを取得することは考えられません。
自分の生活スタイル、収入と支出の傾向に合った住宅ローンを選び、ぜひ夢を実現させて下さい。

さまざまなメリット・デメリット

住宅ローンにはさまざまなメリット・デメリットがあります。
最大のデメリットは、多額の利息を支払わなければならないということでしょう。
今は低金利だから、とたかをくくっている人も中にはいるかもしれません。
しかし長いローン返済中、ずっと低金利の状態が続くとは考えにくいものです。
いずれ金利が上がったとき、いくらの利息になるか、想像することは難しいと思います。
もう一つ頭に入れておかなくてはならないのは、ローンを払えなくなる可能性がゼロではないということです。
先ほども書いたように、住宅ローンの返済は長く続きます。
その間にはローンの支払いができなくなる事態に陥ることもあるということです。
こういった場合には、やむを得ず、せっかく購入した自宅を手放すことになります。
希望価格で売却できないことも多く、ローンだけが残るというケースもよく耳にします。
このような事態になる危険性があることをよく認識してローンを組むことが大切です。
目先のことや、良い点ばかりに気を取られると、思わぬ失敗をし後悔することになりかねません。
これはどのタイプのローンにもいえることです。
どのタイプのローンにも良い点・悪い点があります。
自分の収入や支出傾向、ライフスタイルなどに合ったローンを組むことが大切です。
多くの利息を支払わなければならない、支払えなくなる恐れもある、といったローンのデメリットを忘れずに、自分に最適なローンのタイプを選ぶと間違いないと思います。

次の記事: を読む ≫

更新情報